ヴァージンフェースでプルプルな朝肌美を実感!


My Yahoo!に追加 Add to Google





人気ブログランキングへ
ブログランキング くる天 人気ブログランキング
ブログランキング
ブログ王ランキング
  • seo



+OTHERS

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark
中京大中京と日本文理 感動の決勝戦


高校野球のすべてが凝縮された球史に残る戦いであった

高校野球・夏の甲子園決勝は
43年振りの決勝進出となる古豪中京大中京(愛知)と
新潟県勢として初の決勝進出となった日本文理

先手は中京大中京 堂林の右中間本塁打で2点先取
日本文理は二回に2本の二塁打で1点
三回にはは高橋の本塁打で同点とする
四回には日本文理・伊藤の大飛球を中京大中京・岩月が
「ザ・キャッチ」を彷彿とさせる超美技で追加点を阻止
中京大中京六回には満塁で又もや堂林が2点二塁打で
勝ち越し、柴田の3点二塁打など一挙6点を挙げた
七回にもダメ押しとなる2点を加える古豪の強さ
この2点が決勝点となることは誰も知る由もない

日本文理は七回に1点、八回に1点と返し九回は絶望的な
6点差、ここから歴史に残る粘りを日本文理は見せる

“野球は筋書きのないドラマ”
“野球は九回ツーアウトから”とはよく言われる言葉

日本文理の九回2死
切手が選んで四球、高橋隼、武石の連続長打で4点差
死球、四球のあと伊藤がレフトへ2点適時打
なおも一、二塁で代打の石塚が初球を左前に運び
ついに1点差

誰が予測したであろう
カウント2−3を想定した打撃練習を繰り返してきた
日本文理 その成果が最後の土壇場で生きた
一打同点の一、三塁 若林のジャストミートした当りは
三塁手の正面 抜けたと思った瞬間グラブの中へ

結果は問うまい
先制、中押し、ダメ押しとなる見事な攻撃
何にもまして「夢」を諦めない球児たち

 勝った中京大中京(愛知)のナイン
 負けた日本文理(新潟)のナイン
 君たちに惜しみない拍手を送ろう

そして声高に言おう「感動をありがとう!」
| 高校野球 | 21:44 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark
TOP    SEO対策済みテンプレート